調整のしくみなどについて練習をしていました

相殺のしくみなどについて勉強しました。うすい塩酸にBTB溶液を台数滴付け加えます。うすい水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと液は中性になります。一段とうすい水酸化ナトリウム水溶液を加えていくと、液はアルカリ性になります。中性の液を蒸発させて、顕微鏡やルーペで観察すると、塩化ナトリウムが残ります。発生した塩化水素と水酸化ナトリウムを手答えさせます。塩化コバルトペーパーが青色から赤色に変わることから、水ができたことがわかります。酸とアルカリを混ぜ合わせるとたがいに打ち消し合います。これを相殺といいます。次は、紫キャベツ液を使ってチャートをかくイベントについてだ。紫キャベツ液を画用紙にぬって乾かします(3回くり戻す)。身のまわりの水溶液を用意します(酸性・中性・アルカリ性のものを長々引き寄せる)。えんぴつで原案をしてからチャートをかきます。ためしぬりをしてみると、いかなるカラーになるのかが想像できます。またおんなじ液でも水で薄めると、ちがうカラーを出すことができます。知らないことが知れて良かったです。酵素サプリメント 購入